デニムパンツの裾上げ ダメージ残し

こんにちは。奥原です。

今回は、デニムパンツの、

穿きこんで出てきた裾のあたりを消さず、

雰囲気を殺さない裾の丈詰めを

ご紹介させて頂きます。

こちらが元の状態です。

そして、こちらが作業後、丈が詰まっている状態。
7cm詰めました。
どうでしょうか。画像だからもありますが、

現物も、処理がされていることに、

近づいて見ないと分からないと思います。

ヴィンテージ加工してあるパンツや裾のアタリを消したくない物等は、

この仕上げ方がおすすめです。

ビーフレッシュのブログ

テーラーの技術を生かし、洋服直し、オーダーメイド、リメイクを行っております、東京中野の㈱ビーフレッシュのブログです。ビフォーアフター画像を中心に各種情報を発信しております。

0コメント

  • 1000 / 1000