UFCルール 変更希望 お願いアスレチックコミッシ

こんにちは。カワサキです。
先日のブログ を観てくれた友人からの指摘で初めて気付いたのですが、最後のレスナーに対するメッセージが誤解を生んでしまったようです。
あれは『化けの皮が剥がれたレスナーに対する皮肉』ではありません。
レスナーが好きだからこその『本気の願い』です。
頑張れレスナー!
という訳で本題です。
今から話す事、皆さんはどう思いますか?
総合格闘技の試合を観ていて凄い違和感を覚える攻防があるんですよね。
日本じゃHEROSでもこの攻防よく観たんで結構前からなんですけど。
特にUFCが急激に力を付けてきて、その上PRIDEが無くなった辺りから至る所で観るようになりましたよね。
UFCルールが世界標準になっちゃったんで。
どんな攻防かというと・・・・・
Aが片足(両足)タックルを仕掛ける!
Bが足を引き相手の頭を押さえてそれを潰す!
Bの足を掴んでたAの両腕が完全に離れた!タックル失敗だ!
Bはまだ相手の頭を押さえつけたまま!
Aの目の前には相手の足が!危ない!顔面蹴られちゃう!・・・
A『あれ?なんか蹴って来ないぞ?
そうかそうか、このポジションなら蹴られないんだ。
踏付けも無しだよな。
ナイスルール。
よしよしこのままハイハイで相手に接近して足首掴めないかな?
ほれ!ほれ!(足首を掴もうとしてる)  あ、痛!パンチ来たよ。
もうちょっと接近して足首を・・痛!やっぱ無理だ!』
・・・・・・・ってな感じの攻防です。
分かりますか?
さっきまでヒリヒリ観てたのに、これ見ちゃうと『ヴァーリトゥードじゃないですよ感』が丸出しになって少し醒めるんですよね。
何が言いたいかって、自分がスタンドの状態なのに4点ポジションの相手に無理矢理パンチ打つ姿って不自然でしょ。
それをいいことに相手が赤ちゃんみたいにハイハイで足元に向かって来る。
たしかUFCって後頭部打撃禁止でしたよね?
だから自分の足元で下を向いている相手に不自然なアッパー気味のパンチを打つか、側頭部めがけて鉄槌を打つか大体このパターン。
最近では練習の成果かあの体勢でも鋭いパンチを打てる選手も増えてきたけど、そういう問題じゃないんです。
あの状態での一番有効かつ自然な技は、蹴り上げとか踏み付けでしょう。
そこでアスレチックコミッションにお願いがあるんですけど、UFCのルール変更認めてくれないですかね?
とりあえず4点ポジション(もしくはグラウンド)状態の相手に対するサッカーボールキックと踏み付けと膝蹴り解禁して欲しいんですけど。
『日本だけでも解禁すればいいじゃん。アスレチックコミッションなんか関係ないし。』
こんな声も聞かれますが、それではダメです。
ただでさえ優秀な外国人選手が日本で試合をしなくなってきているのに、益々敬遠されます。
現在業界最高峰のUFCがルールを変更すれば、必然的に世界中のプロモーションが追随する方向へ向かいます。
そうすれば日本も心置きなく解禁できるってわけです。
だからお願いアスレチックコミッション!

ビーフレッシュのブログ

テーラーの技術を生かし、洋服直し、オーダーメイド、リメイクを行っております、東京中野の㈱ビーフレッシュのブログです。ビフォーアフター画像を中心に各種情報を発信しております。

0コメント

  • 1000 / 1000